映画『64—ロクヨン—前編/後編』の原作『64(ロクヨン)』は横山秀夫のデビュー作『陰の季節』に始まるD県警シリーズ3作目にしてD県警初の長編である。書き下ろし、「別冊文藝春秋」での連載、また書き下ろしの期間を経ていよいよ完成目前となった09年、単行本の発売日まで決定する。しかし、冒頭から読み返した横山が“この出来では読者からとてもお金をいただけない”と判断して出版を中止。その後改稿を重ね、12年10月にようやく発売となった。出版後には、週刊文春「2012年ミステリーベスト10」国内部門、宝島社「このミステリーがすごい!2013年版」国内編で、ともに第1位を獲得。横山も、自身の集大成と位置付ける警察小説の金字塔である。
その映画化に当たって、主演の三上義信役に抜擢されたのは佐藤浩市。かつて「逆転の夏」(01年)、「クライマーズ・ハイ」(05年)と横山作品を映像化したTVドラマに主演していた彼は、今回の原作も出版されてすぐに読んだとか。“横山さんの小説は一人称で書かれている。しかも「クライマーズ・ハイ」並みにボリュームがあって、感情の起伏がジェットコースターに乗ったように変化していきますから、この三上という主人公を演じるのは大変だろう。ある程度覚悟がないとできないと感じていました”と佐藤は言う。過去のドラマで俳優としての彼に信頼を寄せていた横山秀夫は、このキャスティングを歓迎したという。三上の視点で綴られる膨大な量の原作を群像劇として映画の脚本にするため、原作者と脚本を書いた久松真一、瀬々敬久との間で、何度も意見のキャッチボールがなされていった。久松真一によれは脚本の改稿は22回にも及んだという。横山秀夫は“小説では主人公の心理変化を秒間隔で書いていけるという利点がありますけれど、三上が見たもの聞いたもの以外は書けなくて、彼がすべてを知るまでには時間がかかるんです。映画は、前編は小説をトレースした感じがしますけれど、後編になると三上以外の主要登場人物たちの心理が表現されて、作品としてすごく立体感が出ていました。作家としてはちょっと悔しいですね(笑)”と作品の印象を語っている。特に原作とは異なる映画独自の結末には、そこにたどり着くまでに何度も瀬々監督やプロデューサーらと意見を闘わせたそうで、“随分話し合いました。こう撮りたいという瀬々さんの思い、こう演じたいという俳優さんたちの思いが非常に強いことが分かりました。じっくり話し合って本当に良かった。みんなの強い思いが詰まった、とても幸せな映画になったと思います”と賛辞を寄せている。