プーと大人になった僕 DVD&ブルーレイ発売日はいつ?予約最安値と特典を比較

観客動員数が止まらない!映画『プーと大人になった僕』のDVD・Blu-ray発売日と通販の予約最安値およびDVD・Blu-rayにつく特典をまとめていきます。

店舗別オリジナル特典もあるので、しっかり記事を読んで予約してくださいね!

プーと大人になった僕は2018年9月14日に公開されました。

初登場で興行成績1位を獲得し、土日2日間で、約24万5000人を動員、しかも興行収入は約3億3200万円を記録。

さらに、14日の公開初日から17日までの4日間の累計では、動員で約44万1000人、興行収入で約5億7900万円をたたき出しているというから驚きです。

世界的にも人気のあるキャラクター「くまのプーさん」の実写映画とあって話題性があったとはいえ、この観客動員数と興行収入の金額はさすがといった感じでしょう。

映画『プーと大人になった僕』予告編

監督は2004年に公開された『ネバーランド』や2008年に公開された『007 慰めの報酬』などで監督を務めたドイツ出身のマーク・フォスターです。

日本の吹替版としてクリストファー・ロビン役を堺雅人さん、プー役をかぬか光明さんが担当しています。

スポンサーリンク

プーと大人になった僕 DVD&ブルーレイ発売日はいつ?

2018年12月19日発売に決定しました!年内でよかったですね!レンタルも同日開始です。

ただし、デジタル配信が先行しています。
プーと大人になった僕[先行デジタル配信]は12月5日からです。

発売形態は

  • プーと大人になった僕 MovieNEX(Blu-ray+DVD)

1形態のみです。

Blu-rayに特典映像がついています!
【ボーナス・コンテンツ】
製作の舞台裏
-プーへの思い
-プーの声を探して
-ウォルトとプーの出会い
-プーたちの秘密

店舗別オリジナル特典

通販ショップのオリジナル特典をご紹介します。
お値段は少し高めです。

Amazon

オリジナルA3カレンダーです。
Amazon特典プーと大人になった僕DVD

 【Amazon.co.jp限定】プーと大人になった僕 MovieNEX オリジナルA3カレンダー付 [Blu-ray]

楽天ブックス

コレクターズカード+オリジナルヘリンボーンポーチです。

セブンネット

ミニポスターとポストカードがつきます。
セブンネット特典プーと大人になった僕DVD

 プーと大人になった僕 MovieNEX<セブンネット限定「ミニポスター5枚+ポストカード」セット>

HMV

ミラー付きもふもふポーチセットがつきます。
HMV特典プーと大人になった僕DVD

 【Loppi・HMV限定】プーと大人になった僕 MovieNEX [ミラー付きもふもふポーチセット]

ツタヤ

クリアしおり&チケットホルダーがつきます。
ツタヤ特典プーと大人になった僕DVD

 プーと大人になった僕 MovieNEX(Blu-ray&DVD) TSUTAYA限定 クリアしおり&チケットホルダー付

緊急アンケート!みんなはどの店舗別特典を選んだ?

プーと大人になった僕DVD&BD あなたはどの店舗別特典を選びましたか?

プーと大人になった僕 DVD&ブルーレイ最安値を比較

セブンネット・Amazon・楽天ブックス・HMV・ツタヤは店舗別オリジナル特典が別ページで用意されています。特典が欲しい方は記事上の店舗別オリジナル特典から予約してください。

プーと大人になった僕 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

Amazonの値段¥3,461
楽天の値段¥3,433
セブンネットの値段¥3,629
タワーレコードの値段¥4,536
Yahooの値段¥3,410
HMVの値段¥3,946
ツタヤの値段¥4,263
DMM.COMの値段¥3,492

2018年12月11日 20時43分更新

最安値更新システムについて

順位楽天VSヤフー 送料無料で安いのは?
楽天市場楽天ブックス¥ 3,492
(送料無料)
Yahooヤマダ電機 Yahoo!店¥ 3,709
(送料無料)

人気のグッズをご紹介

ディズニーキャラクター プーと大人になった僕 リアルサイズ ぬいぐるみ くまのプーさん 高さ60cm
ディズニーキャラクター プーと大人になった僕 リアルサイズ ぬいぐるみ くまのプーさん 高さ60cm

プーと大人になった僕を見た人の感想

ここでは実際に映画を見た人たちの感想をご紹介しましょう。

実写ってどんな感じ?と思っていたのですが、映画を見たら全く違和感がなく見れました。自分に子供が生まれたらもう一度見返してみたいと思いました

とにかく泣きました。見てよかった。映画っていいな…って再確認。

相変わらずマイペースなプーさんで、見ていてほっこりできました。ストーリーもしっかり作られていて〇。とても温かい気持ちになりました。

映画の始まりからがっしりと心を鷲摑みされました。子供のころのクリストファー・ロビンの話から現代の話に移行するあたりがなんとも。ジーンと胸に響きました。

レビューに目を通すと「泣けた」「ほっこりした」という言葉がたくさん見受けられました。
「大人こそ見るべき映画だ」という声も上がっていましたよ。一方で、こんなレビューもありました。

 

『くまのプーさん』というキャラクターに思い入れがある人はいいかもしれないけれど、あまりキャラクターものに興味がない自分には「ちょっと…」でした。

ディズニーらしさはあったと思うのですが、現実的な部分が強く大人も子供も無邪気に楽しんで心から笑う映画とは違うように感じました。

くまのプーさんというキャラクターに慣れ親しんでいる人ほど入り込めるという声はほかの人も言っていました。

なかには「キャラに思い入れはなかったけど問題なし。良かった!」なんて評価もあったので一つの映画としてみてみるのもアリかも。

また、「何だか現実的で…」「切なくなった」という感想も随所で見られました。今の自分と重なるものを感じると、その気持ちは一層強くなるのかもしれませんね。

プーと大人になった僕が好きな人におすすめの映画を紹介

同じディズニーの実写化関連としておすすめしたいのが『アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅』

これは不思議の国のアリスの実写版2作目にあたります。監督はティム・バートンで独特の世界観を楽しむことができますよ。未来を素晴らしいものにするために…その考えを教えてくれる映画です。

そしてもう一つ、実写版化された映画で紹介したいのが『マレフィセント』です。

ディズニーアニメ『眠れる森の美女』でオーロラ姫に呪いをかけた悪役ですが、この映画ではマレフィセントの過去や呪いをかけた理由が解き明かされます。いろいろな形の愛があることを教えてくれますよ。ぜひチェックしてみてくださいね。

カテゴリー