コーヒーが冷めないうちにのあらすじは?映画見に行けなかった方もレンタル前にどうぞ

有村架純さんが出演の映画「コーヒーが冷めないうちに」のあらすじです。

映画に生き損ねたけど、どんな映画だったんだろう?って気になることありますよね。

レンタルしようかどうか迷う前にあらすじだけおさえておくのもいいでしょう!

コーヒーが冷めないうちに DVD・Blu-rayはいつ発売?

スポンサーリンク

あらすじ

とある町にある喫茶店「フニクリフニクラ」。

そこでは店主の時田流(深水元基)とその従兄(いとこ)である時田数(有村架純)が働いています。その喫茶店には不思議な都市伝説があり、それは店内の『ある席』に座ると、望んだとおりの時間に戻ることができるというもの。
しかも、

  1. 過去に戻って、どんな事をしても、現実は変わらない。
  2. 過去に戻っても、喫茶店を出る事はできない。
  3. 過去に戻れるのは、コーヒーをカップに注いでから、そのコーヒーが冷めてしまうまでの間だけ。コーヒーが冷めないうちに飲み干さなければならない。
  4. 過去に戻れる席には先客がいる。席に座れるのは、その先客が席を立った時だけ。
  5. 過去に戻っても、この喫茶店を訪れた事のない人には会う事ができない。

こうした5つの面倒なルールが付いています。
それでも過去に戻りたいと噂を聞いたお客が一人、また一人。そして、主人公である時田数に隠された真実も明かされることに…。

感動の涙がまっています。

 

カテゴリー