ハナレイ・ベイ映画公開はいつ?あらすじは?佐野玲於出演に一気にトレンドワードに

2005年に刊行された村上春樹の短編集「東京奇譚集」の中にある「ハナレイ・ベイ」が映画化されることが決まりました。

この作品はハナレイ・ベイでサーフィンをしていた息子を亡くした母親の物語で2018年10月19日から公開されます。

人気作家の村上春樹の作品が原作なので、どんな映画になっているのか今から楽しみです。

 ハナレイベイ予告動画

スポンサーリンク

キャスト

主人公の母親サチを演じるのは今大人気の吉田羊で、サチの息子タカシを演じるのはGENERATIONS from EXILE TRIBEの佐野玲於です。

またそのほかにも村上虹郎や佐藤魁、栗原類などが登場します。

「ハナレイ・ベイ」の監督と脚本、編集は「トイレのピエタ」を製作した松永大司が務めています。

初めて一気読みした本が村上春樹の「ノルウエイの森」だという吉田羊は「村上春樹の作品に出演できることは幸せです。」とコメントしています。

有名な村上春樹の作品に出演できるのは俳優さんにとってはとても名誉なことなのでしょうね。

また佐野玲於は「この映画のテーマである希望というのを意識して映画に参加しました」と語っていて、村上虹郎は「ハナレイ・ベイはとても美しかったです。」と美しい自然の中で撮影した様子を語っています。

どれだけハワイの海が綺麗なのか早く映画で確かめたいです。

今回公開された映像にはその綺麗なハナレイ・ベイでサーフィンをするタカシの姿やタカシを思う母親サチの映像が映っています。

公式サイトより。
ハナレイ・ベイ公式サイト

過去に村上春樹の小説が映画化されたのは「風の歌を聴け」「森の向こう側」「トニー滝谷」「神の子どもたちはみな踊る」「ノルウェイの森」の5作品です。

村上春樹の独特の世界観と美しいハナレイ・ベイがどのように作品の中で交じり合うのか今からとても期待してしまう作品です。

吉田羊のコメント

松永監督のもとで主人公サチはとてもリアルなヒロインになりました。今まで演じてきた中で1番生命力を持っている役です。
この映画に関わった全ての方に感謝しています。

佐野玲於コメント

村上春樹さんの作品に関わることができてとても嬉しいです。1番大切な人に会いたくなるような映画になっています。ハナレイ・ベイの美しさをぜひ映画館で見てください。

村上虹郎コメント

演じた高橋はモテたくてサーフィンをやっている男ですが、熱い気持ちを持っている男です。佐藤魁演じる三宅とのコンビを楽しん狗ださい。

○松永大司監督のコメント
死は自然の一部だという原作に引かれて作品を作りました。とても力強い作品になっているので、早く劇場で見て欲しいです。

小川真司プロデューサーのコメント

主人公サチの希望を描いています。松永大司監督と再タッグを組みこの作品を作りました。きっと今までにない映画になっていると思います。

は俳優さんたちや監督さんが出したコメントから壮大な場所で壮大なテーマの映画になっていることが分かります。

ハナレイ・ベイの公開を楽しみにしています。