実写映画「虹色デイズ」キャストの魅力を紹介 佐野玲於、中川大志、高杉真宙、横浜流星

人気少女マンガ「虹色デイズ」が、佐野玲於(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、中川大志、高杉真宙、横浜流星ら4人で実写映画化され、公式ページにて新写真がこの度公開になりました。

「虹色デイズ」は別冊マーガレットで連載されている水野美波原作の同名マンガで、少女マンガでは珍しく男子高校生4人組が主人公という斬新かつ異色な設定で人気を集めており、性格も趣味も違う、ちょっとおバカでお騒がせなイケメン男子高校生たちの友情と恋を描いた青春ストーリー。

監督は「荒川アンダー ザ ブリッジTHE MOVIE」「笑う招き猫」などを手掛けた飯塚健氏が務め、「君に届け」の根津理香氏と共に脚本も担当するとのこと。

飯塚監督が今注目を集める人気若手俳優4人の魅力をどう引き出していくのか、とても楽しみですね!

スポンサーリンク

キャストと配薬は?個性溢れる4人の男子高校生たちを紹介

映画史上初めての『カルテット主演』となる、佐野玲於、中川大志、高杉真宙、横浜流星の4人。いつも一緒にいる仲良し男子高校生4人のそれぞれの魅力と配役をご紹介。

羽柴夏樹(なっちゃん)/佐野玲於(GENERATIONS from EXILE TRIBE)

恋に奥手だけど何事にもまっすぐで一生懸命、ピュアで元気な愛されキャラのなっちゃんを演じるのは、GENERATIONS from EXILE TRIBEでパフォーマーとして活躍している佐野玲於。
本作では佐野のパフォーマーとは違う新たな一面が見られそうです。

松永智也(まっつん)/中川大志

一見テキトーでチャラくて女好き、でも実は友達想いで男気溢れるキャラのまっつん役には、現在放送中の「花のち晴れ~花男 Next Season ~」で馳天馬役を務めている中川大志。
恋を知ることで成長していくまっつんの姿をどう演じるのか期待が高まります。

直江剛(つよぽん)/高杉真宙

秀才でオタクキャラ、超マイペースで物静かな性格だが深い洞察力で仲間たちを見守っているつよぽん役には、第9回TAMA映画賞最優秀新進男優賞を受賞した高杉真宙。
作品のファンだという高杉は『作品に参加させていただくのは光栄です』と喜びを語っていました。

片倉恵一(恵ちゃん)/横浜流星

いつもニコニコしていて誰とでもすぐ仲良くできるオープンな性格だが、実はドSで鋭く人の心の本音を突いてくるやんちゃキャラの恵ちゃん役には、「オオカミ少女と黒王子」や来年公開予定「honey 」など青春映画への出演が続いている横浜流星。
飯塚監督とは「放課後グルーヴ」以来の4年ぶりのタッグとなり「成長した姿を見せたい」と本作への意欲を述べていました。

公開された新写真には、なっちゃん、まっつん、つよぽん、恵ちゃんら4人の姿が切り取られおり、キャラクターの魅力が詰まったファン必見の写真となっています。

動画もおすすめ
https://twitter.com/nijiiro_movie/status/991180413854015488

劇中では恋に奥手ななっちゃんと同級生の杏奈(吉川愛)の恋の行方を中心に、4人それぞれの恋愛模様や悩みながらも青春を謳歌する姿が描かれています。

男子高校生4人が主役という斬新な設定が新鮮で、新しい青春映画が誕生する予感がしますね。
映画「虹色デイズ」は7月6日から全国公開です。

カテゴリー