スパイダーマンファー・フロム・ホーム公開日はいつ?キャストは?

映画「スパイダーマン:ホームカミング』続編の邦題が「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」に決まり、2019年に日本公開されることが2日、ソニーピクチャーズエンターテインメントから発表されました。

なお、「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」の全米での公開は2018年7月5日です。

スポンサーリンク

日本公開はいつ?

まだはっきりしていませんが2019年ということだけわかっています。

映画「スパイダーマン」の歩み

初めて「スパイダーマン」がスクリーンに登場したのは2002年に遡り、以来、2004年に「スパイダーマン2」、2007年「スパイダーマン3」、2012年「アメイジング・スパイダーマン」、2014年「アメイジング・スパイダーマン2」と、世界中で大ヒットを続け、この5作品で40億ドル以上の全世界興行収入をあげています。

世界中に熱狂的ファンを持つ、映画「スパイダーマン」シリーズは、2017年にアベンジャーズを中心としたマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の世界に新たに参戦しました。
その記念すべき映画が「スパイダーマン:ホームカミング」で、主人公ピーター・パーカー/スパイダーマンを、将来を嘱望される若手俳優のトム・ホランドが演じ、ロバート・ダウニー・Jr.演じるトニー・スターク/アイアンマンとの競演も大きな話題を集めました。
この、「スパイダーマン:ホームカミング」は、全世界興収8億8,000万ドルを超える大ヒットを記録しています。

2002年に、スパイダーマンの個性的なキャラクターとコスチュームが登場してから、すごい勢いで世界中のヒーローに駆け上がりましたね!世界中が熱狂して大ブームを作り上げていきました。

前作「スーパーマン:ホームカミング」は、どんな映画?

「スーパーマン:ファー・フロム・ホーム」の前作である「スパイダーマン:ホームカミング」はどんな映画だったのでしょうか。気になりますよね。

「スパイダーマン:ホームカミング」では、主人公のスパイダーマンは15歳の高校生という設定です。

スパイダーマンである、15歳の高校生のピーター・パーカーが、ヒーローの師匠とも言うべきアイアンマン(マーベルの大人気ヒーロー)に導かれながら、真のヒーローへと成長していく姿を描いています。また、彼の高校生活にも焦点をあてており、思春期の学園ドラマとしても大きな話題を集めました。

学園生活を謳歌したり悩んだりしながら、ヒーロー・スパイダーマンとして成長する15歳の少年に、思わず感情移入してしまいますね。

ところで、マーベル・スタジオ社長のケビン・ファイギが、インタビューで、続編「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」では、スパイダーマンが“ホーム”であるニューヨークを飛び出し、ロンドンなど他国の都市を訪れることを明かしています。
「ファー・フロム・ホーム(故郷を遠く離れて)」というタイトルはが、そのことを示唆していますね。新しい舞台でのスパイダーマンを見ることが出来そうでますます楽しみです。

「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」のキャストは?

話題を集めているキャストですが、こちらも見てみましょう。

「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」の監督は、「スーパーマン:ホームカミング」に続きジョン・ワッツが務め、脚本も、続投のクリス・マッケーナとエリック・ソマーズが担当します。

主演のスパイダーマン役は、トム・ホランドに決定しています。

その他、悪役ミステリオ役でジェイク・ギレンホールが出演します。

詳しいキャストの今後の決定や、ストーリーの詳細はベールに包まれており、今後の動向に期待が高まるばかりです。

「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」は2019年日本公開です。

カテゴリー