翔んで埼玉 実写映画化!公開日はいつ?あらすじは?二階堂ふみとGACKT ダブル主演

累計発行部数62万部を突破した、魔夜峰央(まやみねお)原作「このマンガがすごい! comics 翔んで埼玉」(宝島社)が、二階堂ふみとGACKTのW主演で実写映画化され、2019年に公開されることが明らかになりました。

原作「翔んで埼玉」は、「パタリロ」(1978)などで一世を風靡した漫画家・魔夜が1982年に発表した作品で、2015年に「このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉」として30年ぶりに単行本として復刊されたことをきっかけに、大きな反響を呼びました。

発表当時、埼玉県所沢市に住んでいたことから埼玉を題材に、「埼玉から東京に行くには通行手形がいる!」「埼玉県民にはそこらへんの草でも食わせておけ!」「埼玉狩りだー!」など埼玉県を徹底的にディスるセリフなどで、後に続く“地方ディスマンガ”の火付け役的存在でもあり、上田清司埼玉県知事からは「悪名は無名に勝る」とまさかのお墨付きコメントも頂戴しているほどです。

30年も前の漫画がアニメではなく実写映画化されることに期待度も普通の映画とは一線を画すのではないでしょうか。

「パタリロ」は私もシュールな世界観が大好きで、初見が10代の時ですが、今でも読み直したくなるほどおもしろくてくせになる漫画です。

「翔んで埼玉」のストーリーは、出身地・居住地による差別が激しい、架空の日本を舞台に、東京でトップの高校・白鵬堂学院の生徒会長で東京都知事の息子・壇ノ浦百美が、アメリカ帰りの謎の転校生・麻実麗と互いに惹かれ合うも、実は麗が埼玉県出身であることが判明、東京と埼玉の県境で引き裂かれる2人の愛の逃避行と、埼玉県解放を成し遂げるべく戦いを挑んだ者たちの革命を描くというものです。

あらすじを少し読んだだけで、奇想天外なストーリーが展開されそうな印象を受け、「翔んで埼玉」への期待値がますます高まります。

二階堂は壇ノ浦百美役で男役に初挑戦します。そもそも同役を二階堂にオファーするにあたり、原作の設定を変更し、女性にするという案もありましたが、本を読んだ二階堂本人から「これ、私が男性の役をそのまま演じたほうが面白くないですか?」と提案があったことで、原作通り、名前も外見も女性っぽいのに、実は男性というキャラクターのままで進められることになりました。

一方、二階堂演じる百美が淡い恋心を抱く転校生・麻実麗役にはGACKTが抜てきされました。「原作の魔夜さんのご指名なら……」と引き受けたGACKTでしたが、高校生を演じてよいものかと思いながら、衣装合わせなどに挑んだといいます。二階堂とGACKTは、バラエティーなどでの共演はあったものの、本格的な演技での共演は本作が初となります。

クランクインは3月21日で、埼玉はもちろんのこと、関東各地で撮影が進められています。
初共演の二階堂とGACKTの掛け合いがどのように本作で繰り広げられるのか楽しみです。

本作を手掛けるのは、「のだめカンタービレ」シリーズの若松央樹プロデューサーと武内英樹監督で、「久しぶりにバカなことをやりたい!」と意気投合。

さらには、原作が未完の作品のため、その続きを考えるため脚本家・徳永友一(「僕たちがやりました」など)も交えてオリジナルの展開を模索し、大都会の東京から虐げられた埼玉が、自由を求めて徒党を組み戦うという原作の設定に、新たに千葉という対抗組織を用意。

東京から迫害を受けている埼玉と千葉がどのように物語を形成していくのか、そして相容れない土地に生まれた2人の間に芽生えた愛がどうなっていくのか、2つのテーマを内包したストーリーが展開されるといいます。

虐げられた埼玉と二人の愛の行方をどのようにストーリー展開していくのでしょうか。
30年前の作品なのに未完ということにも驚きました。

カテゴリー