映画「Vision」公開日は6月8日。ジュリエット・ビノシュ、永瀬正敏ダブル主演

『萌の朱雀』がカンヌ映画祭で最年少のカメラドール(新人監督賞にあたる)を獲得するなど世界的に高い評価を受けているその河瀬直美監督の新作、「Vision」(6月8日公開)の場面写真が一挙に公開されました。

「Vision」では、主演に数々の賞歴をもつフランスの名女優ジュリエット・ビノシュ、そして渋い役どころには定評のある永瀬正敏、豪華共演陣には岩田剛典、美波、森山未來、田中泯(特別出演)、夏木マリらが名を連ねています。

公開された場面写真は、神秘の森・吉野の自然を背景に自らの存在感をみるものの目に焼き付ける俳優陣に圧倒されますね。思わず、「美しい」とため息がでてしまいそうな写真です。

スポンサーリンク

「Vision」のあらすじ

ジュリエット・ビノシュ扮するジャンヌは、世界を旅しながら紀行文を執筆するフランス人エッセイストの女性です。彼女は幻の植物「Vision」を見つけるために、アシスタントの花をつれて奈良の吉野を訪れます。

木々の青々と茂る森の中でジャンヌは山守の智(とも)と出会い、次第に心を通わせていくふたり。やがて智のもとに姿を見せた山守の鈴の登場によって物語は大きな展開をみせます。

智、山守の鈴(りん)、猟師の岳(がく)や源(げん)も山にともに生きる人々であり、それぞれの運命がもつれ合い物語は思いもかけない方向へと進んでいきます。

ジュリエット・ビノシュは、すでに撮影中だったハリウッド映画のスケジュールを調整し、奈良での撮影に参加したというほどの入れ込みようだったようです。

個性的な俳優陣の演技ももちろん、神秘的な吉野の山の映像も楽しみですね。

本作は全編を通して奈良・吉野でのロケを敢行。昨年9月のクランクインから、夏パートの前半、秋パートの後半に分けて撮影し、12月初旬にクランクアップされました。